夫を嫌いになる理由8選!何を改善するべき?

今回は、「旦那さんの嫌いな所や、改善して欲しいことについて具体的に教えてください。」

というアンケートを募集し、8人の方々に答えていただきました。

世の中の奥さんたちは、それぞれの旦那さんたちのどこに悩みを抱えているのでしょうか。

また、それぞれの悩みに対して具体的にどのような対処を行っているのでしょうか。

旦那さんに思わず「うざい!」という気持ちを抱いてしまっている方々は、ぜひ参考にしてみてください。

1.子供との時間を大切にして欲しい

●26歳:結婚6年目仕事から帰宅後、ご飯を食べ終わってからテレビや電気を付けたままリビングで朝まで寝るのをやめて欲しいです。

疲れているのはわかりますが、眠たいのならすぐ寝室で寝て欲しいです。

対処としては、私が主人より先に寝ないようにしています。

どうしても眠たい時は、一緒に寝室に行くようにお願いしています。

見たいTVがあるのだと言われた際は、録画をしてから寝ています。

他にも改善して欲しい事は、休日子供たちとの時間を大切にして欲しいです。

対処としては、子供たちに主人を起こしてもらい動かそうとしています。

子供たちが行きたい場所に連れていってとお願いします。

一緒に遊べる公園や遊園地に行く事です。

行きたいと言えば行けばで終わってしまうので、「パパと遊びたいみたいだよ」等と一言付け加えるようにしています。

2.旦那がスマホに熱中

●37歳:結婚6年目いつもスマホばかり触っていて、私が夕飯の支度などをしていて忙しく、子供を構っていて欲しいのにずっとスマホでゲームや動画を見たりしています。

食事中も見てる時があって、さすがに頭に来ました。

子供たちのしつけにならないし、こっちは一生懸命作った食事を上の空で食べながらスマホをいじられたら味なんてわからないんじゃないのかと思います。

そんなに今見ないといけないもの?と思ってしまいます。

何度か注意したけど直らずにいて呆れています。

 

3.色々あります

●30歳:結婚1年目私の旦那様に改善して欲しい事は3点あります。

まずは、自分達で決める決定事を私に委ねる事。

初めは優しく、私な自由にしていいからいいと思いましたが、良く考えたら決定した事に責任を持ちたくないから私に委ねる。

これは男じゃないでしょう。

2個目は、自分が飲み会で12時過ぎに帰ってくる事もあるのに、私が10時半を過ぎると機嫌が悪くなることです。

自分はいいのに、私が仕事の飲み会で遅くなって機嫌が悪くなるのはやめて欲しいです。

最後に、掃除面で友人に私は何もしていないといい回る事。

実際私も掃除はしていますし、汚い訳ではありませんが自分はしてるのに私は何もしないといいます。

それが嫌です。

 

4.旦那がモノを捨てない

●51歳:結婚23年目物を捨てない所です。

結婚してからずっと押入れを2つ分くらい占領している旦那の色々な物が本当に邪魔で困っています。

内容は阪神タイガースのグッズならまだいいのですが毎月送られてくる「月刊タイガース」という雑誌がもう段ボール何箱もあって、増える一方なんです。

あといまだにVHSで撮った昔の野球番組などがこれまた段ボール箱でいくつもあります。

その他で言えばブラウン管の分厚いテレビやそのテレビ台、あと壊れたパソコンなどすぐに処分しないで置いたままというのも本当に困ります。

 

5.過干渉な旦那

●60歳:結婚38年目とにかく優しい主人です。

それが過ぎて、一々私の行動に干渉してきます

例えば私が頭に手をやっただけで「どうした、頭が痛いの?」お腹に手をやると「腹が痛いの?」と。

私が出掛ける時はずっと「気をつけて行けよ!」を繰り返しています。

極めつけは、私の目線を確認します。

特に何も意識して見ていないのに、「今何見てたの?」と質問です。

自営業なのでずっと一緒にいる時間が長く、全く一人になる事ができません。

お風呂でさえも、少し時間がかかると覗きにきます。

優しくて頼りになる良い旦那さんですが、正直ストレスがたまります。

悪気が無いので、全く対処法はありません。

せいぜい、一人暮らしになった時を妄想してストレスを発散しています

6.家事の仕方の違い

●31歳:結婚2年目旦那は夜勤もある仕事をしていて毎日不規則なのですが、出来る限り家事を手伝おうとはしてくれます。

家事の中でも洗濯は自分の仕事だと思っているようで、家にいる時は毎日やってくれます。

しかし、旦那は服を脱ぐときはズボンでもシャツでもかならず片方の袖を反対向けになるように脱ぐ癖があり、そのまま洗濯物を洗濯機の中に入れて洗濯するのです。

洗濯物を干す時に戻してくれれば良いのですが、それを戻さずそのまま干してあるので、私が取り込もうとすると半分だけ乾いていないということがよくあります。

最初は乾いてなかったからちゃんと干してねと伝えていたのですが、それでもなかなか直してはくれませんでした。

今では干してある物を取り込むことなくそのままおいて置き、またこうなっていたよと見せて注意するようにしています。

7.旦那が子供っぽい

●54歳:結婚24年目仕事では認められているが、家庭では子供のようです。

子供よりも手がかかります。

まず、休日は寝てばかりです。

何かを頼むと、非常に不機嫌です。

何かをしてもらおうと思ったら、まず準備から片付けまで全部私がやって、旦那は作業のみをしているにも関わらず恩着せがましく、とても威張っています。

庭でバ―ベキュ―をする時も、焼いて食べるだけで準備から後片付けまで一切しません。

食い逃げのようなものです。

少しでも会話の糸口になるかと思って、我慢してお願いしています。

度々片付けなどもしてほしい旨を伝えています。

もう少しこちらのことも考えていただきたいです。

離婚すると脅かしたこともあります。

 

8.「諦め」も大事

●45歳:結婚17年目困っていることは、旦那が何でもやりっぱなしな所で、あちこちに脱いだ靴下、買ってきた物が置きっぱなしになっていました。

買い物が趣味で、食べ物や趣味の物となんでも部屋のあちこちの隅っこに置きっぱなしになって、お店の袋に入ったまま化石の様になっていました。

そのままにしていたら自分で不便になって気付くかと思っていたのですが、全く変わらず、歩くのも不便な家になってしまいました。

今は諦めて私が整理したり、一箇所にまとめて置いてあります。

洗濯物も私が洗濯機に入れています。

気持ち悪いけど置きっぱなしよりはましです。

根負けしました。

諦めも大事です。

 

まとめ

旦那さんの「育児」や「家事」についての悩みを抱えている奥様方が多いようですね。

しかし、どれだけ話し合っても、旦那さんとお互いに解決できない悩みは必ず残るものです。

これまでの結婚生活の中でお互いに解決できた悩みは、すでに悩みでは無くなっており、長い結婚生活の中で解決できなかった「頑固な悩み」のみが残っているわけですからね。

結婚生活の中では、ある程度の「諦め」は必須なのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました